春日市の安心と信頼のこころ保育園 月極保育・時間保育/他園預かり・子ども同伴OK!

こころ保育園

  • 電話お問い合わせ TEL092-952-8511
  • お問い合わせ

一日の流れ

できるだけお子さまがスムーズに活動に参加できるよう9時半までの登園をお願いします。

0歳児 1歳児以上
7:30〜 順次登園 健康視診
自由遊び 午前睡
順次登園 健康視診
自由遊び
10:00〜 朝の歌・絵本の読み聞かせ
お散歩・公園遊び
(晴天時の場合)
朝の歌・絵本の読み聞かせ
お散歩・公園遊び
(晴天時の場合)
設定保育
11:00〜 給食(離乳食)
ミルク
11:30〜 給食・歯磨き・お昼寝の準備
12:30〜
14:30〜
お昼寝 お昼寝
14:30〜 おむつ交換 トイレ・おむつ交換
15:00〜 おやつ・ミルク おやつ
16:00〜 帰りの準備 帰りの準備
16:30〜
18:00
順次降園 順次降園

乳児は、一人ひとり生活のリズムが違います。
それぞれの発達に合わせて、園生活が送れるように配慮します。
・時間は目安なので多少前後します。
・オムツ交換は適宜行います。
・トイレトレーニングは、個々に応じて無理のないように進めていきます。

慣らし保育

慣らし保育は、2週間程度を目安に、お子さまの様子に合わせて行います。最初のうちは、保育園に着くなり大泣きすることもあるかもしれません。ご飯も水分も摂らないお子さまもいらっしゃいますのでその際は早めのお迎えをお願いする場合があります。新しい環境に慣れるまでは、誰しもある程度の時間が必要です。慣らし保育は、保育園に通うための準備期間です。お子さまも保護者様も、お互いにとって新しい生活に慣れるための大切なステップです。期間の長さは、お子さまの様子によって異なります。成長のための第一歩と考え、柔軟な気持ちで見守りをお願い致します。

進め方(ねらい)

ステップ1園に慣れる
(2時間保育)
9:00〜11:00
ステップ2昼食に慣れる 
9:00〜12:30
ステップ3午睡ができる 
9:00〜14:30
ステップ4おやつまで過ごせる 
9:00〜16:00

※個々に応じて無理のないように進めていきます。

年間行事

歓迎遠足
水遊び、七夕、お泊まり保育
運動会、ミカン狩り、芋ほり
クリスマス会、豆まき、ひなまつり

【その他】・個人面談・誕生会※必要に応じて

教室

英語教室 月2回(1回:1時間)0〜5歳児
体操教室 月2回(1回:1時間)3歳児の誕生日から
水泳教室 月4回(有料)3歳児の誕生日から
お茶会 月1回 4・5歳児

保健

健康で元気よく園生活を過ごすために配慮していただきます。
ご家庭での健康状態と園での様子を共有して、健やかな子どもの成長をめざしましょう。

保健目標

1人ひとりの発達を把握し、すこやかな成長を目指します。
安全で清潔な環境づくりをします。

①子どもたちが遊ぶ玩具の消毒、掃除を行い、安全で清潔な環境づくりを心がけます。
②オムツ換え、食事介助、入室の時など大人が子どもに接する際は必ず手洗い(消毒)を行います。
③保育室の温度や湿度の管理を適切に行います。
④子どもの体調や気候に合わせて、衣装の調節を行います。

薬の投与

薬については保育園では、お預かりしないことになっています。
できるだけご家庭で飲ませられるように医師にご相談ください。

例えば・・・受診の際に保育園に通院していることを伝えて・・・
●朝と夕の2回の処方にしてもらうことができるか?
●飲ませる時間を食後に限らず、
①登園前 ②お迎え後 ③寝る前などの3回にできるか?
・・・という調整が可能かどうかなど医師にご相談していただく様お願いします。

病気にかかった時の提出書類について

以下の病気にかかった時には、医師からの登園許可証、又は、各ご家庭にて登園届けを記入し提出していただきます。

登園を控えていただく症状 登園許可証(医師記入)
・麻疹(はしか)
・インフルエンザ
・風疹
・水痘(みずぼうそう)
・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
・結核
・咽頭結膜炎(プール熱)
・流行性角結膜炎
・百日咳
・腸管出血性大腸菌感染症
(0157、026、0111 等)
・急性出血性結膜炎
・髄膜炎菌性髄膜炎
・流行性嘔吐下痢症
(ウィルス性胃腸炎、ノロ、ロタ、アデノウィルス 等)

登園不可

●感染症にかかった時はお休みしていただくことになります。
●診断がついた時点で保育園にご連絡ください。
●必ず、医師の診断により『登園許可証(診断書)』をもらい、園に提出してください。登園する際はお子さまが無理なく集団生活できるどうかをご判断ください。
登園を控えていただく症状 登園届(保護者記入)
・溶連菌感染症
・マイコプラズマ肺炎
・手足口病
・伝染性紅斑(リンゴ病)
・ヘンパンギーナ
・RS ウィルス感染症
・帯状疱疹(ヘルペス)
・突発性発疹
●一般状態が良い時は保育可能ですが、病気に伴う症状が出ている時に集団生活が送れる体調であるかどうかをご相談いただき、食事がきちんととれているなどお子さまの様子を十分に配慮してください。
●保護者記入の『登園届』を園に提出してください。
病名 登園基準
・発熱
・ひきつけ、けいれん
登園時:37.5℃未満目安
●集団生活が困難と判断した場合、登園を控えていただくことがあります。

保育中:38℃未満目安
●集団生活が困難と判断した場合、保護者に連絡いたします。
※24時間以内に解熱剤を使用していない状態であること。
・中耳炎
・下痢
・嘔吐
●朝、鼓膜を切開したり、鼓膜が破れた場合には家庭で様子をみてください。
●下痢の回数が多い時や、嘔吐が見られる時は登園を控え家庭で様子をみて、受診をお勧めします。
・伝染性膿痂疹(とびひ) ●湿潤な発疹がある間は感染しやすい時期です。皮膚が乾燥していて、湿潤部位が覆える程度のものであれば覆っていただいて登園可となります。

保育園での病気とケガ

①緊急時に連絡がとれない場合、園の嘱託医、または救急対応を行います。
②ケガのないよう十分配慮していますが、ケガの状況により受診が必要と判断した場合、保護者の方に連絡をし、状況をお伝えします。この時に希望される病院も確認します。受診につきましては、市内近隣市の医療機関を基本とし、受診先を調整させていただきます。
③医療機関では、治療内容によって保護者の立ち合いや同意を求められることがあります。
速やかに連絡がとれますよう、出張などで職場を離れる時や連絡先が変わった時は保育園にお知らせください。
④保育中、子供同士の些細な喧嘩やケガ等は集団生活での出来事としてご理解いただき、保育園は保護者への状況説明を必ず行います。
⑤保育園で受診する場合に備え、「健康保険証・乳児医療証」などのコピーを1部提出していただきます。 有効期限が切れた時や変更があった場合は、再提出をお願いします。

看護師の配置

こころ保育園には内科と歯科の嘱託医がいます。また、こころ保育園相談対応看護師を配置していますので病気やケガの時等の処置を行います。また、園児だけでなく保護者の方の健康相談もお受けしております。

予防接種

①集団生活ですので、できる限り予防接種を受けていただくことをお勧めしています。
②接種後、当日の登園はお控えください。予防接種後は熱や発疹など副作用が出る可能性があります。
③予防接種を受けた場合は、連絡帳にご記入ください。
④予防接種後のお子さまの健康状態に気づいた点がありましたら必ずお知らせください。

HOME
PAGE TOP
最新情報